108A09 旅行者疾患について正しいのはどれか。

旅行者疾患について正しいのはどれか。

1. 旅行者下痢症では発熱はない。
2. マラリアで死亡することはない。
3. 狂犬病は犬以外の動物からは感染しない。
4. デング熱のワクチンは実用化されていない。
5. 都道府県知事に届出義務のある疾患はない。





5歳女児の左鼓膜の写真を示す。
治療として適切なのはどれか。

1. 抗菌薬投与
2. 鼓膜切開術
3. 鼓膜チューブ留置術
4. 鼓膜形成術
5. 鼓室形成術





糖尿病と高血圧の両方をきたす疾患はどれか。

1. 肝硬変
2. 慢性膵炎
3. Cushing病
4. グルカゴノーマ
5. Gitelman症候群





外陰膣カンジダ症で誤っているのはどれか。

1. 掻痒を生じる。
2. 帯下は泡沫状である。
3. 抗菌薬服用後に多い。
4. 原因菌は消化管に常在している。
5. 膣分泌物の鏡検で菌糸が確認できる。





縦隔腫瘍について正しいのはどれか。

1. 胸腺腫は後縦隔に好発する。
2. 胸腺腫は良性腫瘍に属する。
3. セミノーマは良性腫瘍に属する。
4. 神経原性腫瘍は前縦隔に好発する。
5. 胸腺腫には重症筋無力症を合併する。





唇裂・口蓋裂の症候でないのはどれか。

1. 嚥下障害
2. 外鼻変形
3. 構音障害
4. 歯列異常
5. 扁桃肥大





Kaposi水痘様発疹症を合併しやすいのはどれか。

1. Sweet病
2. 結節性紅斑
3. 多形惨出性紅斑
4. アトピー性皮層炎
5. Stevens-Johnson症候群





先天性風疹症候群でみられないのはどれか。

1. 大頭症
2. 白内障
3. 感音難聴
4. 胎児発育不全
5. 動脈管開存症





62歳の女性。歩行時のふらつきを主訴に来院した。4週前にくも膜下出血を発症し、脳動脈瘤に対して開頭動脈瘤クリッピング術を受けた。経過は良好であったが、家族の話では、最近自発性が低下し、トイレの回数が増えているという。意識は清明。歩行は開脚歩行である。頭部単純CTで脳室拡大を認める。
この疾患で認められるのはどれか。2つ選べ。

1. 尿失禁
2. 視野狭窄
3. 瞳孔異常
4. 嚥下障害
5. 認知機能障害





次ページへ »

アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60