107C31 その後治療が奏功し、家族と共に有意義な日々を過ごしていたが、…

その後治療が奏功し、家族と共に有意義な日々を過ごしていたが、病状の進行に伴い、なぜ自分だけがこのような目に遭うのだろうかと深く悩み不眠をきたすようになった。睡眠薬の内服投与を受けたが十分な睡眠が得られず、5日前から食欲不振と無気力さとが増強してきたため家族とともに受診した。
 患者と家族とに対する提案として適切なのはどれか。

1. 放射線治療
2. 抗癌化学療法
3. オピオイドの急速静注
4. 非ステロイド性抗炎症薬の増量
5. 精神科医へのコンサルテーション





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60