107D50 2か月の乳児。咳を主訴に来院した。2週前から咳が出現し、次第…

2か月の乳児。咳を主訴に来院した。2週前から咳が出現し、次第に咳が増悪するため受診した。咳は発作性に出現し、いったん咳が出現すると10回程度連続するという。患児は顔面を紅潮させ反復して激しくせき込んでいる。入院が必要と判断された。体温37.2℃。SpO2 98%(room air)。咽頭と胸部とに異常を認めない。血液所見:赤血球394万、Hb 12.6g/dl、Ht 38%、白血球32,000(桿状核好中球1%、分葉核好中球20%、好酸球1%、リンパ球78%)、血小板21万。CRP 0.3mg/dl。胸部エックス線写真に異常を認めない。
保護者への説明として適切なのはどれか。

1. 「隔離が必要です」
2. 「咳は数日で止まります」
3. 「病原体の迅速診断が可能です」
4. 「ペニシリン系抗菌薬が有効です」
5. 「気管支拡張薬の吸入が有効です」





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60