107F24 72歳の男性。病期Ⅳの胃癌で緩和ケアのため入院中である。在宅…

72歳の男性。病期Ⅳの胃癌で緩和ケアのため入院中である。在宅ホスピスへの移行に際し、患者本人と家族との間で療養環境について意見の対立が起こったため担当医師が患者本人と家族の意見をそれぞれ十分に聞いた。
次に行う対応として最も適切なのはどれか。

1. 弁護士に相談する。
2. 看護部長に相談する。
3. 福祉事務所に相談する。
4. 多職種からなるチームで話し合う。
5. 担当医師が単独で方針を決定する。





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60