107F25 80歳の男性。発熱のため搬入された。数日前から38℃台の発熱…

80歳の男性。発熱のため搬入された。数日前から38℃台の発熱が続き、食事もとれなくなってきた。尿が出なくなったため、長女が救急車を要請した。導尿時混濁尿を認め、尿路感染症と診断し、尿道カテーテルを留置した。
対応として適切なのはどれか。

1. 尿道カテーテルと連結する蓄尿バッグは開放式回路を用いる。
2. 尿道カテーテルは陰茎を頭側に向けて下腹部に固定する。
3. 尿道カテーテルを3日ごとに入れ換える。
4. 入院中は連日膀胱洗浄を行う。
5. 留置中は安静臥床を促す。





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60