107G56 79歳男性。息切れと胸痛とを主訴に来院した。生来健康であった…

79歳男性。息切れと胸痛とを主訴に来院した。生来健康であったが、5年前から心雑音を指摘されていた。1か月前から坂道や階段歩行で息切れと胸痛とを自覚したため受診した。体温36.2℃。脈拍72/分、整。血圧118/72mmHg。下腿に浮腫を認めない。聴診で収縮期駆出性〈収縮中期性〉雑音を聴取する。心エコーで大動脈弁の高度石灰化を認め、大動脈弁口面積は0.8cm2であった。人工弁の写真(①、②)を示す。
この患者の手術治療における2種類の人工弁に関する説明で最も適切なのはどれか。

1. 「あなたには①の弁をお勧めします」
2. 「②の弁は毎年交換する必要があります」
3. 「①の弁は②の弁より弁機能に優れています」
4. 「②の弁はアレルギー反応に関する術前精査が必要です」
5. 「①の弁は手術後生涯にわたりワルファリンの内服が必要です」





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60