107H28 63歳の女性。血便を主訴に来院した。4か月前から便に血が混じ…

63歳の女性。血便を主訴に来院した。4か月前から便に血が混じるようになり、持続しているため心配して受診した。体温36.4℃。脈拍72/分、整。血圧124/66mmHg。血液所見:赤血球350万、Hb 10.3g/dl、Ht 30%、白血球6,600、血小板35万。血液生化学所見:総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.3g/dl、AST 25IU/l、ALT 33IU/l、LD 300IU/l(基準176〜353)。注腸造影像(A)と肛門縁から3cmの部位の大腸内視鏡像(B)とを示す。
次に行う検査として適切なのはどれか。

1. 胸腹部CT
2. 直腸内圧測定
3. 腹部血管造影
4. 超音波内視鏡検査
5. 半年後の大腸内視鏡検査





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60