107I42 36歳の2回経妊1回経産婦。妊娠39週5日。陣痛発来のため入…

36歳の2回経妊1回経産婦。妊娠39週5日。陣痛発来のため入院した。妊娠経過は順調であった。入院直後の内診では、分泌物は血性少量で子宮口は3cm開大していた。1時間後。突然の気分不快と持続性の腹痛とが出現した。その時の腹部超音波像(A)と胎児心拍数陣痛図(B)とを示す。
最も考えられるのはどれか。

1. 前置胎盤
2. 子宮破裂
3. 羊水塞栓症
4. HELLP症候群
5. 常位胎盤早期剥離





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60