107I45 33歳の男性。発熱と顔面の皮疹とを主訴に来院した。幼少期から…

33歳の男性。発熱と顔面の皮疹とを主訴に来院した。幼少期からアトピー性皮膚炎があり、治療を受けていた。2日前から38℃台の発熱、顔面の紅斑、びらん及び小水疱が出現している。顔面の写真(A)と水疱内容のTzanck試験のMay-Giemsa染色標本(B)とを示す。
原因として最も考えられるのはどれか。

1. EBウイルス
2. サイトメガロウイルス
3. 単純ヘルペスウイルス
4. 水痘・帯状疱疹ウイルス
5. ヒトパピローマウイルス





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60