107I51 75歳の女性。咳嗽を主訴に来院した。3週前から咳、痰、全身倦…

75歳の女性。咳嗽を主訴に来院した。3週前から咳、痰、全身倦怠感、食思不振および37℃台の微熱が出現し、市販の総合感冒薬で改善しないため受診した。胸部エックス線写真で右上肺野に空洞を伴う浸潤影と周囲の結節影とを認めた。喀痰の抗酸菌塗抹検査が陽性であったため患者を個室に入院させた。
まず行うのはどれか。

1. 保健所に届け出る。
2. 抗結核薬を投与する。
3. 結核菌のPCR検査を行う。
4. 患者にN95マスクを着用させる。
5. 結核菌特異的全血インターフェロンγ遊離測定法〈IGRA〉を行う。





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60