107I52 22歳の男性。胸部圧迫感を主訴に来院した。1週前から胸部圧迫…

22歳の男性。胸部圧迫感を主訴に来院した。1週前から胸部圧迫感と労作時の息切れとを自覚し、徐々に悪化している。体温37.2℃。脈拍88/分、整。血圧110/72mmHg。呼吸数20/分。SpO2 96%(room air)。身体所見で左呼吸音の減弱を認める。血液所見:赤血球462万、Hb 14.0g/dl、Ht 43%、白血球7,800、血小板35万。血液生化学所見:総ビリルビン0.3mg/dl、AST 23IU/l、ALT 15IU/l、LD 450IU/l(基準176〜353)、ヒト絨毛性ゴナドトロピン〈hCG〉24mIU/ml。CRP 4.8mg/dl。ツベルクリン反応陽性。胸部エックス線写真(A)と胸部造影CT(B)とを示す。
最も考えられるのはどれか。

1. 胸腺腫
2. 神経鞘腫
3. 胚細胞腫瘍
4. リンパ節結核
5. サルコイドーシス





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60