107I53 64歳の男性。労作時の息切れと左胸痛とを主訴に来院した。20…

64歳の男性。労作時の息切れと左胸痛とを主訴に来院した。20歳からビルなどの解体業に約30年間従事した。3か月前から咳が出現し、次第に労作時の息切れと左胸痛とを自覚するようになったため受診した。身長168cm、体重62kg。体温36.9℃。脈拍92/分、整。血圧152/88mmHg。呼吸数26/分。SpO2 96%(room air)。心音に異常を認めないが、左呼吸音が減弱している。血液所見:赤血球350万、Hb 11.2g/dl、Ht 34%、白血球8,800、血小板29万。血液生化学所見:総ビリルビン0.3mg/dl、AST 30IU/l、ALT 24IU/l、LD 460IU/l(基準176〜353)。CRP 3.2mg/dl。胸部CT(A)とFDG-PET(B)とを示す。
この疾患でみられるのはどれか。

1. 胸部の鼓音
2. 閉鎖性換気障害
3. 胸水中のブドウ球菌
4. 胸水ヒアルロン酸高値
5. 胸水アデノシンデアミナーゼ〈ADA〉高値





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60