107I54 2か月の男児。生後まもなく心雑音を指摘され、心エコー検査で右…

2か月の男児。生後まもなく心雑音を指摘され、心エコー検査で右室流出路狭窄、心室中隔欠損および大動脈騎乗を指摘されている。
この患児の治療方針として正しいのはどれか。

1. 肺動脈絞扼術を行う。
2. 根治治療は成人期に行う。
3. プロスタグランディンを投与する。
4. 直ちに心室中隔欠損閉鎖術を行う。
5. 肺動脈の発育後に心内修復術を行う。





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60