107I56 51歳の男性。労作時の息苦しさを主訴に来院した。半年前に全身…

51歳の男性。労作時の息苦しさを主訴に来院した。半年前に全身倦怠感と微熱とが出現したため自宅近くの診療所を受診した。外来検査で赤沈亢進、白血球増加および高γ-グロブリン血症を認め、抗菌薬の投与を受けたが改善しなかった。2か月前から労作時に息苦しさを感じるようになり、増強してきたため紹介され受診した。脈拍92/分、整。血圧120/80mmHg。呼吸音に異常を認めない。座位と仰臥位とで心音に異常を認めないが、左側臥位で心尖部に第Ⅱ音の直後に過剰音を聴取する。胸部エックス線写真と心電図とに異常を認めない。
最も考えられるのはどれか。

1. 心膜炎
2. 左房粘液腫
3. 僧帽弁狭窄症
4. 感染性心内膜炎
5. 僧帽弁逸脱症候群





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60