107I58 50歳の男性。健康診断の腹部超音波検査で胆嚢内に5mm前後の…

50歳の男性。健康診断の腹部超音波検査で胆嚢内に5mm前後の隆起性病変を2個指摘されたため来院した。既往歴に特記すべきことはない。腹部超音波像を示す。
隆起性病変への対応として適切なのはどれか。

1. 胆嚢適出術を行う。
2. 検査・治療・経過観察は行わない。
3. 腹部超音波検査による経過観察を行う。
4. 内視鏡的逆行性胆管膵管造影〈ERCP〉を行う。
5. ポジトロンエミッション断層撮影〈PET〉を行う。





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60