107I59 58歳の女性。褐色尿を主訴に来院した。画像診断で膵頭部癌によ…

58歳の女性。褐色尿を主訴に来院した。画像診断で膵頭部癌による閉塞性黄疸と診断されたが、転移巣は描出されなかった。内視鏡的逆行性胆管ドレナージで減黄術を行い、膵頭十二指腸切除術を予定した。手術開腹時に、肝両葉の表面に小結節状の転移巣を5個と、腹膜に同様の結節を十数個認めた。
対応として適切なのはどれか。

1. 非切除
2. 肝部分切除術
3. 膵腫瘍適出術
4. 肝膵同時切除術
5. 膵頭十二指腸切除術





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60