107I62 68歳の女性。発熱と咳嗽とを主訴に来院した。5日前から発熱、…

68歳の女性。発熱と咳嗽とを主訴に来院した。5日前から発熱、咳および喀痰がみられ、昨日から倦怠感が強くなったため受診した。胸部エックス線写真で両側下肺野に浸潤影を認め、急性肺炎と診断された。入院時、意識は清明。身長158cm、体重46kg。体温38.3℃。脈拍88/分、整。血圧108/64mmHg。呼吸数24/分。SpO2 96%(room air)。皮膚と粘膜とに明らかな出血傾向を認めない。両側下肺にcoarse cracklesを聴取する。血液所見:赤血球390万、Hb 11.4g/dl、Ht 37%、白血球18,000(桿状核好中球8%、分葉核好中球80%、リンパ球12%)、血小板6.3万、PT 68%(基準80〜120)、APTT 48秒(基準対照32.2)、フィブリノゲン130mg/dl(基準200〜400)、血清FDP 60μg/ml(基準10以下)。CRP 21mg/dl。
抗菌薬の投与とともに行う処置で適切なのはどれか。

1. 気管挿管
2. 血小板輸血
3. 赤血球輸血
4. 抗DIC療法
5. G-CSFの投与





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60