107I63 54歳の男性。肉眼的血尿を主訴に来院した。2週前と3日前とに…

54歳の男性。肉眼的血尿を主訴に来院した。2週前と3日前とに肉眼的血尿に気付いた。排尿痛はない。既往歴に特記すべきことはない。喫煙は20本/日を34年間。身長167cm、体重59kg。体温36.4℃。脈拍72/分、整。血圧138/80mmHg。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。直腸指診でクルミ大、弾性軟の前立腺を触知する。尿所見:蛋白(−)、糖(−)、潜血1+、沈渣に赤血球5〜10/1視野、白血球0〜2/1視野。尿細胞診クラスⅡ(陰性)。膀胱内視鏡では可動性のある乳頭状の有茎性の腫瘤を認める。膀胱内視鏡像を示す。
次に行う対応として適切なのはどれか。

1. 経過観察
2. 膀胱全摘術
3. 経尿道的切除術
4. BCGの膀胱内注入
5. 抗悪性腫瘍薬の膀胱内注入





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60