107I67 62歳の女性。手のしびれ感を主訴に来院した。8年前から高血圧…

62歳の女性。手のしびれ感を主訴に来院した。8年前から高血圧症のため自宅近くの診療所で治療を受けており、2年前から血糖値の軽度上昇を指摘されていた。ほぼ同時期から両手の第2〜4指の先端部に「ピリピリする」感じを自覚し、徐々に増悪してボタンが留めにくくなった。身長165cm、体重67kg。脈拍64/分、整。血圧150/86mmHg。声はこもった低音である。顔と手の写真(A、B)を示す。
確定診断のために測定するホルモンとして最も適切なのはどれか。

1. インスリン
2. コルチゾール
3. プロラクチン
4. アルドステロン
5. インスリン様成長因子-I〈IGF-I〉





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60