107I75 70歳の男性。意識障害のため搬入された。冬の寒い日に長時間の…

70歳の男性。意識障害のため搬入された。冬の寒い日に長時間の停電があり、自宅で発見された時には意識はなく暖房は消えて室内は冷えきっていたという。救急搬送時から救急車内の暖房や保温シートなど表面加温が開始された。搬入時、意識レベルはJCS Ⅲ-300。腋窩温32.0℃。脈拍60/分、整。血圧92/52mmHg。呼吸数10/分。SpO2 88%(リザーバー付きマスク10 l/分酸素投与下)。全身の皮膚は冷たく、発汗はない。
まず行うべきなのはどれか。

1. 頭部CT
2. 気管挿管
3. 温浴加温
4. 胸骨圧迫
5. 尿道カテーテル留置





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60