107I76 72歳の男性。2日前に急性心筋梗塞のため入院し、緊急の経皮的…

72歳の男性。2日前に急性心筋梗塞のため入院し、緊急の経皮的冠動脈インターベンションを受けた。術後の経過は良好であり、今朝は食事を全量摂取した。午前中に冠動脈疾患集中治療室〈CCU〉から一般病棟に移る予定であった。主治医の回診時、脈拍92/分、整。血圧128/72mmHg、SpO2 98%(room air)であった。主治医と会話中に患者が突然胸部不快感を訴え、その直後に意識を消失した。呼びかけに反応がなく、頸動脈の拍動を触知しない。この時のモニター心電図を示す。
直ちに行うべきなのはどれか。2つ選べ。

1. 胸骨圧迫
2. リドカインの静脈内投与
3. 体外式ペースメーカの留置
4. 電気的除細動(電気ショック)
5. 緊急冠動脈インターベンション





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60