107I79 62歳の女性。歩行時のふらつきを主訴に来院した。4週前にくも…

62歳の女性。歩行時のふらつきを主訴に来院した。4週前にくも膜下出血を発症し、脳動脈瘤に対して開頭動脈瘤クリッピング術を受けた。経過は良好であったが、家族の話では、最近自発性が低下し、トイレの回数が増えているという。意識は清明。歩行は開脚歩行である。頭部単純CTで脳室拡大を認める。
この疾患で認められるのはどれか。2つ選べ。

1. 尿失禁
2. 視野狭窄
3. 瞳孔異常
4. 嚥下障害
5. 認知機能障害





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60