107I03 不眠症の対処として最も適切なのはどれか。

不眠症の対処として最も適切なのはどれか。

1. 早寝早起きを心掛ける。
2. 眠くなくても寝床に入る。
3. 目が覚めたら日光を浴びる。
4. 睡眠薬代わりに寝る前に酒を飲む。
5. 昼寝も含めて1日8時間は睡眠をとる。





産科DICを起こしにくいのはどれか。

1. 子癇
2. 弛緩出血
3. 羊水塞栓症
4. 胎盤機能不全
5. 常位胎盤早期剥離





頭部単純CTを示す。
このCTでみられるのはどれか。

1. 動脈瘤
2. 塞栓子
3. 脳幹出血
4. 動静脈奇形
5. くも膜下出血





治療の緊急度を判定する上で重要なのはどれか。

1. 下顎反射
2. 対光反射
3. 輻輳反応
4. 膝蓋腱反射
5. Babinski徴候





外来で通院治療していたが、自宅で歯痛があり市販の鎮痛薬を服用したところ、約30分後喘鳴と呼吸困難とを生じたため受診した。意識は清明。両側の胸部にwheezesを聴取する。
直ちに行う処置はどれか。

1. 硝酸薬の舌下投与
2. β2刺激薬の吸入
3. 利尿薬の静注
4. 抗菌薬の静注
5. 気管挿管





診断のために最も適切な検査はどれか。

1. スパイロメトリー
2. 心エコー検査
3. 気管支鏡検査
4. 胸部単純CT
5. 喀痰培養





この患者に合併しやすい疾患を念頭において身体診察を行うこととした。
重要度が低いのはどれか。

1. 両側の頸部の聴診
2. 両側上肢の血圧測定
3. 起立時の血圧測定
4. 上腹部の聴診
5. 足背動脈の触診





緊急性の判断に最も重要な質問はどれか。

1. 「夜はよく眠れますか」
2. 「胸がドキドキすることはありますか」
3. 「家族に同じような症状の人はいますか」
4. 「最近はどのような時に胸が痛みますか」
5. 「生活でストレスを感じることはありますか」





この精神障害に特徴的なのはどれか。

1. 睡眠は良好である。
2. 記銘力は保たれる。
3. 意識は清明である。
4. 症状は変動しやすい。
5. 根本的な改善は期待できない。





この精神障害の原因として最も考えられるのはどれか。

1. 貧血
2. 高血糖
3. 高尿酸血症
4. 高カルシウム血症
5. 低アルブミン血症





« 前ページへ次ページへ »

アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60