108A25 53歳の女性。持続する乾性咳嗽を主訴に来院した。2か月前に感…

53歳の女性。持続する乾性咳嗽を主訴に来院した。2か月前に感冒様症状が出現し、咽頭痛と微熱とは消失したが、乾性咳嗽が持続している。数日前から、動悸、息苦しさ及び下腿の浮腫を自覚していた。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。喫煙歴はない。意識は清明。身長157cm、体重57kg。体温36.5℃。脈拍112/分、整。血圧96/50mmHg。呼吸数20/分。SpO2 92%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。左下腿に浮腫を認める。血液所見:赤血球480万、Hb14.0 g/l、Ht 42%、白血球6,500、血小板26万。血液生化学所見:総蛋白7.4 g/dl、アルブミン 3.9g/dl、AST201U/l、ALT121U/l、LD2961U/l(基準176~353)、尿素窒素10 mg/dl、クレアチニン0.7 mg/dl 、CEA 25ng/ml(基準5以下)。喀痰細胞診で悪性細胞を認める。胸部エックス線写真と胸部造影CTとを示す。
 この患者にみられるのはどれか。

1. PaCO2は上昇する。
2. A-aDO2の開大を認める。
3. 肺血流シンチグラムは正常である。
4. 心エコー検査で左室の拡大を認める。
5. 血液検査所見でDダイマーは正常である。





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60