108A26 71歳の男性。肺癌術後2日で入院中である。2日前、右上葉肺癌…

71歳の男性。肺癌術後2日で入院中である。2日前、右上葉肺癌のため右上葉切除とリンパ節郭清術を行った。術中出血量は65ml、手術時間は3時間10分だった。手術後の経過は順調で手術翌日から食事を開始した。しかし術後2日から胸腔ドレナージの排液量は500mlに増加し、排液の性状は淡血性から黄白色混濁となった。喫煙は20本/日を50年間。意識は清明。身長160cm、体重65kg。体温37.0℃。脈拍84/分、整。血圧120/74mmHg。呼吸数16/分。SpO2 98%(鼻カニユーラ1l/分 酸素投与下)。眼瞼結膜に貧血を認めない。頸静脈の怒張を認めない。心音に異常を認めないが、呼吸音は右側で軽度減弱している。血液所見:赤血球362万、Hb12.4g/dl、Ht36%、白血球7,700、血小板25万。CRP 2.4mg/d1。心電図に異常を認めない。術後2日のポータブル胸部エックス線写真と胸腔ドレナージ排液とを示す。
 この患者の術後合併症として考えられるのはどれか。

1. 膿胸
2. 肺炎
3. 乳び胸
4. 無気肺
5. 気管支断端瘻





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60