108A28 70歳の女性。左上腹部痛を主訴に来院した。昨夜、久しぶりに孫…

70歳の女性。左上腹部痛を主訴に来院した。昨夜、久しぶりに孫たちと遊んだり歌ったりして騒いだ。その3時間後から左上腹部に痛みを感じるようになった。診察室には前かがみの姿勢で入ってきた。食事摂取は良好であり、悪心や嘔吐はなく便通も正常である。3年前に脳梗塞を発症し、その後アスピリンを内服している。体温36.5℃。脈拍88/分、整。血圧140/90 mmHg。左上腹部に限局した圧痛を認めるが、反跳痛はない。腹筋を緊張させると疼痛と圧痛とは増強する。腸雑音は正常である。
最も考えられるのはどれか。

1. 急性膵炎
2. 腹壁血腫
3. 腸腰筋膿瘍
4. 虚血性大腸炎
5. 穿孔性胃潰蕩





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60