108A30 21歳の女性。下腹部のしこりを主訴に来院した。内診で子宮は正…

21歳の女性。下腹部のしこりを主訴に来院した。内診で子宮は正常大で、右付属器が手拳大に腫大していた。腫瘍マーカーはCA19-917.5 U/ml(基準37以下)、CA125 56.7U/ml(基準35以下)、α-フエトプロテイン<AFP>960ng/ml(基準20以下)。悪性卵巣腫瘍を疑い、右付属器切除術と大網切除術とを施行した。術中写真と摘出腫瘍のH-E染色標本とを示す。
最も考えられるのはどれか。

1. 未熟奇形腫
2. 明細胞腺癌
3. 卵黄嚢腫瘍
4. 顆粒膜細胞腫
5. ディスジャーミノーマ





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60