108A35 76歳の女性。見えにくいことを主訴に来院した。10年前に糖尿…

76歳の女性。見えにくいことを主訴に来院した。10年前に糖尿病を指摘され経口血糖降下薬を内服している。起床時に物が二重に見えることに気付き受診した。意識は清明で頭痛はなく、複視は左方視で増強する。眼瞼下垂はない。瞳孔径は両側3mmで対光反射は正常である。四肢筋力低下はなく、手袋靴下型の軽度の表在・深部感覚低下を認める。四肢の腱反射は全体に左右差なく減弱している。来院時血糖112mg/dl、HbAlc(NGSP)6.4%(基準4.6~6.2)。正面視を指示した際の眼位を示す。
 正しいのはどれか。

1. 右外転神経の麻痺がある。
2. 抗GQ1b抗体が陽性になる。
3. 脳動脈瘤による圧排が原因として考えられる。
4. 速やかに副腎皮質ステロイドのパルス療法を行う。
5. 複視の予後は良好である。





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60