108A38 78歳の女性。手指振戦と動作緩慢とを主訴に来院した。1年前か…

78歳の女性。手指振戦と動作緩慢とを主訴に来院した。1年前から手指の震えが出現し、次第に動作が緩慢になっていた。半年前から物忘れを自覚していた。1か月前から、誰もいないのに「人が座っている」と訴えたり、「蛇がいる」と怖がったりするようになったため、1週前にリスペリドンを少量投与したところ、四肢の筋強剛と流涎とを認めるようになった。
 この疾患にみられるのはどれか。

1. 側頭葉内側の萎縮
2. 後頭葉の糖代謝の亢進
3. 後部帯状回の血流低下
4. 心臓交感神経機能の亢進
5. 基底核ドパミン取り込みの低下





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60