108A39 63歳の女性。隣家とのトラブルを主訴に家族に連れられて来院し…

63歳の女性。隣家とのトラブルを主訴に家族に連れられて来院した。大学卒業後結婚し、主婦として問題なく過ごしていた。60歳ころから、明らかな誘因なく隣家の男性が家の中を覗いていると言うようになり、警察に相談することがあった。さらに、変な薬を家の中に送り込んで殺そうとしていると言うようになり、頻回に隣家に抗議し、隣家の前で罵倒することもあった。昨日は包丁を持って隣家に入り込み、警察沙汰になった。受診時、病識は欠如していた。身体的に明らかな問題は認められなかった。医療保護入院となり、一時拒薬がみられたものの抗精神病薬により約1か月で病的体験は軽減し、2回の外泊でも問題となる行動は示さなかった。また家事を以前と同じようにこなすこともできたことから退院することになった。
 退院時の家族に対する説明として適切なのはどれか。

1. 「精神病症状は再燃する可能性があります」
2. 「服薬は患者自身に任せておけば大丈夫です」
3. 「今後自閉的な傾向が現れてくる可能性が高いと思います」
4. 「妄想については、現実ではないと説得し続けてください」
5. 「リハビリテーションのためにデイケアに通所しなければなりません」





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60