108A43 64歳の男性。定期的な経過観察のため来院した。自覚症状はない…

64歳の男性。定期的な経過観察のため来院した。自覚症状はないが、1年前の健康診断でGIST<gastrointestinal stromal tumor>を疑われ、経過観察のため受診した。上部消化管内視鏡像と腹部造影CTとを示す。1年前と比較して約1.5倍の直径であった。腹部造影CTでは胃病変を認めるが、胃以外に異常はない。
 治療として適切なのはどれか。

1. 抗癌化学療法
2. 放射線療法
3. 胃局所切除術
4. 噴門側胃切除術
5. 胃全摘術





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60