108A45 30歳の女性。定期受診で来院した。18歳の時に学校検尿で尿蛋…

30歳の女性。定期受診で来院した。18歳の時に学校検尿で尿蛋白と尿潜血とを指摘され、腎生検を行いIgA腎症と診断されたが特に治療しなかった。25歳の第1子の妊娠時に高血圧を指摘され、第1子を出産後からアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬で治療していた。半年前、第2子を希望しIgA腎症の評価のため腎生検を実施した。その後アンジオテンシンⅡ受容体桔抗薬を中止し、ヒドララジンにより治療していた。1週前に妊娠が判明したという。血圧134/74mmHg。下肢に浮腫を認めない。尿所見:蛋白3+、潜血3+。血液生化学所見:尿素窒素17mg/dl、クレアチニン1.1 mg/dl。eGFR46ml/分/1.73m2。半年前に施行した腎生検のMasson-Trichrome染色標本を示す。
 この患者への説明で正しいのはどれか。

1. 「降圧薬は中止します」
2. 「人工妊娠中絶が必要です」
3. 「慢性腎臓病の病期Ⅳです」
4. 「腎機能が悪化するリスクが高いです」
5. 「副腎皮質ステロイドの大量療法が必要です」





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60