108A49 4歳の男児。下肢の変形と歩容異常とに気付いた母親に連れられて…

4歳の男児。下肢の変形と歩容異常とに気付いた母親に連れられて来院した。正常分娩で出生。出生時体重3,375g。頸定は3か月、歩行開始は1歳3か月であった。母親によると患児には食物アレルギーがあり、肉類、魚類、牛乳、卵を摂取させていないという。下肢の変形があり、歩行は不安定で跛行を認める。血液所見:赤血球435万、Hbl2.0g/dl、Ht38%、白血球6,840、血小板23万。血液生化学所見:ALP 3,305 IU/l(基準296~909)、Ca8.6mg/dl、P2.3mg/dl。来院時の両膝部と下肢のエックス線写真を示す。
 治療薬として最も適切なのはどれか。

1. 鉄剤
2. 亜鉛製剤
3. リン製剤
4. カルシウム製剤
5. ビタミンD製剤





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60