108A54 62歳の男性。今年の健康診断で高血糖を指摘され来院した。10…

62歳の男性。今年の健康診断で高血糖を指摘され来院した。10年前から健康診断で毎年、高血糖と高血圧とを指摘されていたが受診しなかった。喫煙は15本/日を40年間。身長168cm、体重70kg、腹囲88cm。脈拍80/分、整。血圧188/96mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。アキレス腱反射は両側で消失している。尿所見:蛋白2+、糖4+、ケトン体(-)。血液生化学所見:アルブミン3.8g/dl、AST 361U/l、ALT 45IU/l、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、尿酸8.3 mg/dl、空腹時血糖212 mg/dl、HbA1c(NGSP)9.8%(基準4.6~6.2)、トリグリセリド170 mg/dl、LDLコレステロール139 mg/dl、Na 139mEq/l、K 4.8 mEq/l、Cl 104mEq/l。眼底検査で単純網膜症を認める。摂取エネルギーと塩分とを制限する食事療法と運動療法とを開始した。
 治療薬として適切なのはどれか。

1. アンジオテンシンⅡ受容体桔抗薬
2. サイアザイド系利尿薬
3. スピロノラクトン
4. ループ利尿薬
5. β遮断薬





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60