108A58 67歳の女性。1週前からの発熱を主訴に来院した。両側の頸部と…

67歳の女性。1週前からの発熱を主訴に来院した。両側の頸部と鼠径部に径1~2㎝のリンパ節を数個ずつ触知する。右肋骨弓下に肝を2㎝、左肋骨弓下に脾を3㎝触れる。血液所見:赤血球360万、Hbl2.0g/dl、Ht34%、白血球22,000(桿状核好中球4%、分葉核好中球21%、好酸球1%、好塩基球1%、単球2%、リンパ球39%、異型リンパ球32%)、血小板14万。血液生化学所見:AST 38 IU/l、ALT 41 IU/l、LD 2,403 IU/l(基準176~353)。免疫血清学所見:CRP 0.6mg/dl、抗HTLV-1抗体陽性。末梢血塗抹May-Giemsa染色標本を示す。
 この患者にみられる所見として考えられるのはどれか。2つ選べ。

1. 血清Ca高値
2. CD4/CD8低値
3. 直接Coombs試験陽性
4. 可溶性IL-2受容体高値
5. CD20陽性リンパ球増多





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60