108A59 64歳の女性。乳がん検診のマンモグラフィで異常を指摘され来院…

64歳の女性。乳がん検診のマンモグラフィで異常を指摘され来院した。左乳房に長径約2㎝の腫瘤を触知する。腫瘤は境界不明瞭で硬く圧痛を認めない。乳頭からの分泌物を認めない。マンモグラムを示す。
 次に行うべき検査として適切なのはどれか。2つ選べ。

1. 血管造影
2. 乳管造影
3. 経皮的針生検
4. 乳房超音波検査
5. 骨シンチグラフィ





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60