108A60 58歳の男性。頑固な不眠と日中の眠気とを主訴に妻に伴われて来…

58歳の男性。頑固な不眠と日中の眠気とを主訴に妻に伴われて来院した。2年前から熟睡感がないと訴えるようになり、日中の疲労感が強く、よく居眠りをするようになった。職場では上司から仕事の能率低下を指摘されている。妻によると、2年前から夜間のいびきがひどく、時々呼吸が止まったようになるとのことであった。意識は清明。抑うつ気分や不安を認めない。身長165cm、体重90kg。体温36.7℃。脈拍88/分、整。血圧140/88mmHg。呼吸数14/分。SpO296%(room air)。咽喉頭に異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。ポリソムノグラフィにて無呼吸指数48(基準5未満)。
 この患者に行うべき対応として適切なのはどれか。3つ選べ。

1. 体重の減量
2. 口腔内装具
3. 間欠的強制換気<IMV>
4. 持続的気道陽圧法<CPAP>
5. ベンゾジアゼピン系薬投与





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60