108C22 68歳の男性。狭心症の定期受診のため来院した。待合室で冷汗と…

68歳の男性。狭心症の定期受診のため来院した。待合室で冷汗と気分不快が出現し横になったところを、通りかかった研修医が発見した。胸痛と呼吸困難はない。半年前に経皮的冠動脈形成術(ステント留置術)を受け、抗血小板薬を内服している。最近食欲がなく、7日前から大量の黒色軟便に気付いていたという。診察時、意識レベルはJCSI-1。脈拍128/分(微弱)、整。血圧82/50mmHg。呼吸数24/分。SpO294%(room air)。顔面蒼白で多量の冷汗を認める。眼険結膜は貧血様である。心音と呼吸音とに異常を認めない。
初期対応として適切でないのはどれか。

1. 人を集める。
2. 酸素投与を行う。
3. 血液型を確認する。
4. ベラパミルを静脈内投与する。
5. 乳酸リンゲル液の点滴を開始する。





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60