108C23 43歳の男性。乾性咳嗽と喘鳴とを主訴に来院した。6週前に感冒…

43歳の男性。乾性咳嗽と喘鳴とを主訴に来院した。6週前に感冒に罹患し、発熱、鼻汁および咽頭痛は改善したが、4週前から夜間と早朝とに悪化する乾性咳嗽が出現し、喘鳴も伴うため心配になり受診した。労作時呼吸困難はない。半年前から胃潰蕩と高血圧とを指摘され、ヒスタミンH2受容体拮抗薬とカルシウム拮抗薬とを内服している。心音に異常を認めないが、両側の胸部にwheezesを聴取する。
対応として適切なのはどれか。

1. 利尿薬内服
2. 降圧薬中止
3. 抗菌薬内服
4. 副腎皮質ステロイド吸入
5. プロトンポンプ阻害薬内服





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60