108C24 55歳の男性。視力障害を主訴に来院した。3か月前から左眼の視…

55歳の男性。視力障害を主訴に来院した。3か月前から左眼の視力低下を自覚していたが、昨日突然見えなくなった。最近5年は健康診断を受けていない。受診時の矯正視力は右1.0,左手動弁。左眼は硝子体出血のため眼底が観察できなかった。右眼の眼底写真と蛍光眼底造影写真を示す。左眼には硝子体手術による治療を予定した。
右眼への対応で適切なのはどれか。

1. 経過観察
2. 硝子体手術
3. 網膜光凝固
4. 光線力学的療法
5. 副腎皮質ステロイド内服





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60