108A53 24歳の女性。目がチカチカして頭が痛いと訴え来院した。事務職…

24歳の女性。目がチカチカして頭が痛いと訴え来院した。事務職として働いている職場で4週前に改築工事が行われ、その後から職場で刺激臭を感じ結膜刺激症状と頭痛が生じるようになったという。帰宅してしばらくすると症状は軽快する。席が近い職場の同僚2人も同じような症状を訴えている。
対応として適切なのはどれか。

1. 心理カウンセリングを勧める。
2. 保健所の相談窓口を紹介する。
3. 水道の化学物質濃度測定を指示する。
4. 換気せず窓を閉め切るように指導する。
5. 改築工事を施工した会社の産業医に連絡する。





30歳の男性。乾性咳嗽と労作時呼吸困難とを主訴に来院した。8か月前と4か月前に発熱と咳嗽とを自覚し、自宅近くの診療所で急性気管支炎と診断されて抗菌薬を投与され、5日ほどで軽快した。2か月前から乾性咳嗽を自覚し同じ診療所で鎮咳薬を処方されたが改善しなかった。2週前から労作時呼吸困難を自覚するようになり受診した。意識は清明。身長170㎝、体重69kg。体温36.3℃。脈拍80/分、整。血圧110/68mmHg。呼吸数22/分。SpO298%(room air)。舌に白苔を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球480万、Hb15.2g/dl、Ht43%、白血球4,800(桿状核好中球5%、分葉核好中球74%、好酸球3%、好塩基球1%、単球7%、リンパ球10%)、CD4陽性細胞数60/mm3(基準800~1,200)、血小板19万。血液生化学所見:総ビリルビン0.6mg/dl、AST36 IU/l、ALT 15IU/l、LD418IU/l(基準176~353)、尿素窒素9 mg/dl、クレアチニン0.8 mg/dl、KL-6 2,450U/ml(基準500未満)。免疫血清学所見:CRP 0.4mg/dl、β-D-グルカン540pg/ml(基準10以下)。動脈血ガス分析(room air):pH7.46、PaCO2 38Torr、PaO2 93Torr,HCO3-26mEq/l。胸部エックス線写真で淡いすりガラス陰影を認める。肺野条件の胸部単純CTを示す。
治療薬として適切なのはどれか。

1. ニューキノロン系抗菌薬
2. アムホテリシンB
3. ガンシクロビル
4. オセルタミビル
5. ST合剤





60歳の男性。発熱と全身の皮疹を主訴に来院した。15日前に山へ山菜採りに行った。5日前から発熱があり、3日前から全身に皮疹が出現していた。体温39.5℃。全身に痒みのない紅色丘疹が多発し、右下腿には黒褐色の痴皮が付着した紅斑を認める。血液所見:赤血球436万、Hb13.6g/dl、Ht42%、白血球6,800、血小板32万。血液生化学所見:AST 1201U/l、ALT 1101U/l。CRP 3.5mg/dl。胸腹部と右下腿の写真を示す。
 治療薬として適切なのはどれか。

1. 抗真菌薬
2. 抗ウイルス薬
3. 副腎皮質ステロイド
4. ペニシリン系抗菌薬
5. テトラサイクリン系抗菌薬





42歳の女性。顔面と四肢の皮疹および易疲労感を主訴に来院した。1か月前から顔面と四肢とに紅斑が出現した。2週前から易疲労感があり、軽度ではあるが四肢の近位に筋肉痛も自覚していた。意識は清明。身長158cm、体重64kg。体温37.4℃。脈拍72/分、整。血圧138/82mmHg。呼吸数16/分。顔面と四肢伸側に紅斑を認める。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。赤沈58mm/1時間。血液所見:赤血球380万、Hb10.8g/dl、Ht36%、白血球9,400、血小板32万。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン2.8g/dl、AST 112IU/l、ALT 381U/l、LD 620IU/l(基準176~353)、ALP 2561U/l(基準115~359)、γ-GTP 32IU/l(基準8~50)、CK 320IU/l(基準30~140)、尿素窒素24mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl。CRP 0.8mg/dl。右手背の写真を示す。
 この疾患に最も特異度が高い自己抗体はどれか。

1. 抗Jo-1抗体
2. 抗dsDNA抗体
3. 抗セントロメア抗体
4. 抗カルジオリピン抗体
5. 抗卜ポイソメラーゼI抗体





4歳の男児。下肢の変形と歩容異常とに気付いた母親に連れられて来院した。正常分娩で出生。出生時体重3,375g。頸定は3か月、歩行開始は1歳3か月であった。母親によると患児には食物アレルギーがあり、肉類、魚類、牛乳、卵を摂取させていないという。下肢の変形があり、歩行は不安定で跛行を認める。血液所見:赤血球435万、Hbl2.0g/dl、Ht38%、白血球6,840、血小板23万。血液生化学所見:ALP 3,305 IU/l(基準296~909)、Ca8.6mg/dl、P2.3mg/dl。来院時の両膝部と下肢のエックス線写真を示す。
 治療薬として最も適切なのはどれか。

1. 鉄剤
2. 亜鉛製剤
3. リン製剤
4. カルシウム製剤
5. ビタミンD製剤





75歳の女性。左手関節部の腫脹と疼痛を主訴に来院した。歩行中につまずき左手をついて転倒したとのことである。手関節部以外に外傷はなく、他に治療中の疾患はない。手関節部から手指まで高度の腫脹を認めた。来院時のエックス線写真にて骨折を認めた。伝達麻酔下に徒手整復し手関節屈曲尺屈位で良好な整復位が得られ、その位置で肘上から手指までのギプス固定を行った。消炎鎮痛薬を処方し帰宅させたが、6時間後に手指の腫脹が進行し指尖が暗紫色となり消炎鎮痛薬が無効な強い疼痛を訴えて受診した。
 対応として最も適切なのはどれか。

1. 患肢挙上
2. ギプス除去
3. オピオイド投与
4. ウロキナーゼ投与
5. 星状神経節ブロック





72歳の男性。人間ドックでPSA 83ng/ml(基準4.0以下)を指摘されたため来院した。PSAを再検したところ8.4ng/mlであった。直腸指診で、小鶏卵大、弾性硬および表面平滑の前立腺を触知するが、明らかな硬結は認めない。腹部超音波検査で前立腺体積は32mlであった。
 次に行う検査として適切なのはどれか。

1. 尿細胞診
2. 腹部単純CT
3. 前立腺針生検
4. 骨シンチグラフィ
5. 逆行性尿道膀胱造影





67歳の女性。右背部痛と発熱とを主訴に来院した。今朝、右背部に一過性の強い痛みを自覚した。夕方から発熱が出現し、ふらつきも自覚したため受診した。右の側腹部から背部にかけて自発痛がある。30歳ころから数年に一度の尿管結石の発作の既往がある。55歳から糖尿病を指摘されていたがそのままにしていた。意識は清明。身長157cm、体重68kg。体温39.8℃。脈拍112/分、整。血圧94/52mmHg。呼吸数18/分。右肋骨脊柱角に叩打痛を認める。尿所見:蛋白1+、糖3+、潜血3+、沈渣に赤血球15~30/1視野、白血球 多数/1視野、細菌2+。血液所見:赤血球343万、Hb12.6g/dl、Ht35%、白血球17,800(桿状核好中球10%、分葉核好中球75%、好酸球1%、単球2%、リンパ球12%)、血小板8.0万。血液生化学所見:総蛋白6.4g/dl、アルブミン3.3 g/dl、AST 124 IU/l、ALT 118IU/l、LD 466 IU/l(基準176~353)、尿素窒素34mg/dl、クレアチニン1.8mg/dl、尿酸6.8 mg/dl、血糖188 mg/dl、HbA1c(NGSP)7.2%(基準4.6~6.2)、Na l32mEq/l、K 4.8mEq/l、Cl lO1mEq/l。CRP 24mg/dl。単純CTを示す。2セットの血液培養を行い抗菌薬の点滴静注を開始した。
 次に行うべき治療として適切なのはどれか。

1. 血液透析
2. 腎瘻造設術
3. 尿管ステント留置
4. 経尿道的尿管砕石術
5. 体外衝撃波結石破砕術





30歳の女性。定期受診で来院した。18歳の時に学校検尿で尿蛋白と尿潜血とを指摘され、腎生検を行いIgA腎症と診断されたが特に治療しなかった。25歳の第1子の妊娠時に高血圧を指摘され、第1子を出産後からアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬で治療していた。半年前、第2子を希望しIgA腎症の評価のため腎生検を実施した。その後アンジオテンシンⅡ受容体桔抗薬を中止し、ヒドララジンにより治療していた。1週前に妊娠が判明したという。血圧134/74mmHg。下肢に浮腫を認めない。尿所見:蛋白3+、潜血3+。血液生化学所見:尿素窒素17mg/dl、クレアチニン1.1 mg/dl。eGFR46ml/分/1.73m2。半年前に施行した腎生検のMasson-Trichrome染色標本を示す。
 この患者への説明で正しいのはどれか。

1. 「降圧薬は中止します」
2. 「人工妊娠中絶が必要です」
3. 「慢性腎臓病の病期Ⅳです」
4. 「腎機能が悪化するリスクが高いです」
5. 「副腎皮質ステロイドの大量療法が必要です」





出生直後の男児。在胎39週、2,8509で出生した。Apgarスコアは8点(1分)、10点(5分)。出生前の胎児超音波検査で異常を指摘されたことはない。顔貌は正常。尿中に胎便が認められた。会陰部の写真を示す。
 まず行うべき治療として適切なのはどれか。

1. 会陰切開
2. 尿道ブジー
3. 膀胱瘻造設
4. 人工肛門造設
5. 一期的根治手術





« 前ページへ次ページへ »

アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60