108A32 57歳の男性。腰背部痛を主訴に来院した。1か月前に重いものを…

57歳の男性。腰背部痛を主訴に来院した。1か月前に重いものを持ってから腰背部痛が出現した。自宅近くの診療所を受診し、第7胸椎椎体骨折でコルセットを装着した。2日前に腰痛が増悪し、第12胸椎、第1腰椎椎体骨折が認められたため、紹介されて受診した。最近、約3kgの体重減少があるという。血液所見:赤血球379万、Hb12.1 g/dl、Ht 35%、白血球4,650、血小板10万。血液生化学所見:総蛋白11.7 g/dl、アルブミン3.3 g/dl、ALP 261 IU/l(基準115~359)、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、Ca9.5mg/dl、P4.2mg/dl。
 多発脊椎椎体骨折の原因の精査に最も必要なのはどれか。

1. 尿中Ca定量
2. 頸部超音波検査
3. 血清免疫電気泳動
4. 消化管内視鏡検査
5. 胸部エックス線撮影





48歳の男性。最近落ち着きがないことを主訴に来院した。3か月ほど前から、歩くときに手が勝手に素早く動いてしまう、座っていると体幹が不規則に前後に揺れるなどを妻から指摘されている。このごろ理由なく激昂してしまう。顔面が不規則にしかめ面になり、構音はやや明瞭さを欠く。眼球運動障害はない。四肢の筋トーヌスは低下し、四肢体幹筋の素早い収縮による不随意運動があり、歩行時に著明になる。腱反射は正常、Babinski徴候はみられない。12歳の息子が最近同一疾患を発症したことが疑われている。
 本疾患と遺伝子変異様式が同一なのはどれか。

1. Wilson病
2. Leigh脳症
3. Gaucher病
4. Machado-Joseph病
5. Duchenne型進行性筋ジストロフィ-





21歳の女性。下腹部のしこりを主訴に来院した。内診で子宮は正常大で、右付属器が手拳大に腫大していた。腫瘍マーカーはCA19-917.5 U/ml(基準37以下)、CA125 56.7U/ml(基準35以下)、α-フエトプロテイン<AFP>960ng/ml(基準20以下)。悪性卵巣腫瘍を疑い、右付属器切除術と大網切除術とを施行した。術中写真と摘出腫瘍のH-E染色標本とを示す。
最も考えられるのはどれか。

1. 未熟奇形腫
2. 明細胞腺癌
3. 卵黄嚢腫瘍
4. 顆粒膜細胞腫
5. ディスジャーミノーマ





46歳の男性。全身倦怠感、発熱および左季肋部違和感を主訴に来院した。4年前に慢性骨髄性白血病の慢性期の診断で1年間イマチニブ治療を受けていた。その後3年間受診せずそのままにしていた。末梢血血液検査で白血球30,400、骨髄芽球が56%であった。末梢血白血球bcr/abl FISH法検査の写真を示す。
4年前と比較し、現在の患者の所見として考えられるのはどれか。

1. 脾腫の縮小
2. 血小板数増加
3. 骨髄細胞数減少
4. 染色体付加異常の出現
5. 好中球アルカリフォスファターゼ低値





70歳の女性。左上腹部痛を主訴に来院した。昨夜、久しぶりに孫たちと遊んだり歌ったりして騒いだ。その3時間後から左上腹部に痛みを感じるようになった。診察室には前かがみの姿勢で入ってきた。食事摂取は良好であり、悪心や嘔吐はなく便通も正常である。3年前に脳梗塞を発症し、その後アスピリンを内服している。体温36.5℃。脈拍88/分、整。血圧140/90 mmHg。左上腹部に限局した圧痛を認めるが、反跳痛はない。腹筋を緊張させると疼痛と圧痛とは増強する。腸雑音は正常である。
最も考えられるのはどれか。

1. 急性膵炎
2. 腹壁血腫
3. 腸腰筋膿瘍
4. 虚血性大腸炎
5. 穿孔性胃潰蕩





62歳の女性。健康診断で肝機能異常を指摘され来院した。自覚症状はない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球407万、Hb 13.0 g/dl、Ht 39%、白血球7,800、血小板26万。血液生化学所見:総ビリルビン2.2mg/dl、AST 160 IU/l、ALT 186 IU/l、ALP 1,652 IU/l(基準115~359)、アミラーゼ621U(基準37~160)、CEA 2.9ng/ml(基準5以下)、CA19-9 210 U/ml (基準37以下)。上部消化管内視鏡像、ERCP及び腹部造影CTを示す。
最も考えられるのはどれか。

1. 胆嚢癌
2. 膵体部癌
3. 肝門部胆管癌
4. 十二指腸球部癌
5. 十二指腸乳頭部癌





71歳の男性。肺癌術後2日で入院中である。2日前、右上葉肺癌のため右上葉切除とリンパ節郭清術を行った。術中出血量は65ml、手術時間は3時間10分だった。手術後の経過は順調で手術翌日から食事を開始した。しかし術後2日から胸腔ドレナージの排液量は500mlに増加し、排液の性状は淡血性から黄白色混濁となった。喫煙は20本/日を50年間。意識は清明。身長160cm、体重65kg。体温37.0℃。脈拍84/分、整。血圧120/74mmHg。呼吸数16/分。SpO2 98%(鼻カニユーラ1l/分 酸素投与下)。眼瞼結膜に貧血を認めない。頸静脈の怒張を認めない。心音に異常を認めないが、呼吸音は右側で軽度減弱している。血液所見:赤血球362万、Hb12.4g/dl、Ht36%、白血球7,700、血小板25万。CRP 2.4mg/d1。心電図に異常を認めない。術後2日のポータブル胸部エックス線写真と胸腔ドレナージ排液とを示す。
 この患者の術後合併症として考えられるのはどれか。

1. 膿胸
2. 肺炎
3. 乳び胸
4. 無気肺
5. 気管支断端瘻





53歳の女性。持続する乾性咳嗽を主訴に来院した。2か月前に感冒様症状が出現し、咽頭痛と微熱とは消失したが、乾性咳嗽が持続している。数日前から、動悸、息苦しさ及び下腿の浮腫を自覚していた。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。喫煙歴はない。意識は清明。身長157cm、体重57kg。体温36.5℃。脈拍112/分、整。血圧96/50mmHg。呼吸数20/分。SpO2 92%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。左下腿に浮腫を認める。血液所見:赤血球480万、Hb14.0 g/l、Ht 42%、白血球6,500、血小板26万。血液生化学所見:総蛋白7.4 g/dl、アルブミン 3.9g/dl、AST201U/l、ALT121U/l、LD2961U/l(基準176~353)、尿素窒素10 mg/dl、クレアチニン0.7 mg/dl 、CEA 25ng/ml(基準5以下)。喀痰細胞診で悪性細胞を認める。胸部エックス線写真と胸部造影CTとを示す。
 この患者にみられるのはどれか。

1. PaCO2は上昇する。
2. A-aDO2の開大を認める。
3. 肺血流シンチグラムは正常である。
4. 心エコー検査で左室の拡大を認める。
5. 血液検査所見でDダイマーは正常である。





48歳の女性。鼻閉を主訴に来院した。20年前から両側の鼻閉があり、風邪をひくと悪化した。鎮痛薬で気管支瑞息を起こしたことがあった。左鼻腔の内視鏡像を示す。右鼻腔も同様の所見である。副鼻腔単純CTの水平断像と冠状断像を示す。
 治療として最も適切なのはどれか。

1. 抗菌薬投与
2. 抗真菌薬投与
3. 拡大上顎全摘出術
4. 鼻内レーザー手術
5. 内視鏡下鼻副鼻腔手術





38歳の男性。両眼の軽度霧視を訴えて来院した。霧視は2か月前から自覚し、頭痛を伴うという。矯正視力は右1.0,左0.9.両眼の眼底写真を示す。
診断に有用なのはどれか。

1. 眼圧測定
2. 頭部MRI
3. 眼球運動検査
4. 眼球超音波検査
5. 蛍光眼底造影検査





« 前ページへ次ページへ »

アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60