108B27 血漿レニン活性<PRA>と血漿アルドステロン濃度<PAC>が…

血漿レニン活性<PRA>と血漿アルドステロン濃度<PAC>が、反対方向に変化(一方が上昇し他方が低下)する病態はどれか。

1. 原発性アルドステロン症
2. 偽性アルドステロン症
3. 偽性Bartter症候群
4. 腎血管性高血圧症
5. 肝硬変





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60