108B46 33歳の初妊婦。妊娠36週。自宅で突然水様帯下の流出を認めた…

33歳の初妊婦。妊娠36週。自宅で突然水様帯下の流出を認めたため1時間後に来院した。妊娠35週の妊婦健康診査時に施行した膣と外陰との培養検査では、B群レンサ球菌<GBS>が陽性であった。体温36.4℃。脈拍76/分、整。血圧116/72 mmHg。膣鏡診で後膣円蓋に中等量の水様帯下の貯留を認め、帯下は弱アルカリ性である。内診で子宮口は1㎝開大、展退度30%、先進部は児頭で下降度はSP-2cm。血液所見:赤血球350万、Hb11.6g/dl、Ht37%、白血球9,000、血小板18万。 CRP 0.1mg/dl。腹部超音波検査で胎児推定体重は2,600g、羊水ポケットは2cm、胎盤に異常所見を認めない。胎児心拍数陣痛図で子宮収縮を認めず、胎児心拍パターンに異常を認めない。
 まず投与すべきなのはどれか。

1. β遮断薬
2. 硫酸マグネシウム
3. 副腎皮質ステロイド
4. ペニシリン系抗菌薬
5. 非ステロイド性抗炎症薬<NSAIDs>





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60