108D20 8歳の男児。学校へ行きたがらないことを主訴に母親に連れられて…

8歳の男児。学校へ行きたがらないことを主訴に母親に連れられて来院した。成績は中程度であるものの文字を書くことが苦手で、特に漢字を見本通りに書き写すことができない。このために教師や親から叱責されることが多くなり学校に行きたがらなくなった。友達関係に問題なく、運動も普通にできる。手先はやや不器用であるものの神経学的診察で他に異常を認めない。
この疾患について誤っているのはどれか。

1. 男児に多い。
2. 知能は正常範囲であることが多い。
3. 注意欠陥多動性障害の合併が多い。
4. 成人まで基本症状は持続することが多い。
5. 作業に真剣に取り組ませると書字は改善することが多い。





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60