108D24 67歳の男性。腹部全体の持続する強い痛みを主訴に来院した。3…

67歳の男性。腹部全体の持続する強い痛みを主訴に来院した。3年前から虚血性心疾患と心房細動とで通院中である。10時間前に腹痛が突然出現し、徐々に増強した。体温36.7℃。脈拍88/分、不整。血圧124/78mmHg。呼吸数16/分。SpO297%(room air)。腹部は全体に膨隆し、腸雑音を聴取しない。腹部全体に圧痛とBlumberg徴候とを認める。血液所見:赤血球512万、Hb16.2g/dl、Ht48%、白血球12,800(桿状核好中球28%、分葉核好中球46%、好酸球2%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球17%)、血小板18万。血液生化学所見:総蛋白7.6g/dl、アルブミン4.6g/dl、総ビリルビン0.6mg/dl、AST 112IU/l、ALT35 IU/l、LD 482 IU/l(基準176~353)、アミラーゼ124 IU/l(基準37~160)、CK 186 IU/l(基準30~140)。腹部造影CTを示す。
 最も考えられるのはどれか。

1. 腸重積症
2. 消化管穿孔
3. 腸管軸捻転症
4. 絞扼性イレウス
5. 上腸間膜動脈閉塞症





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60