108D26 52歳の男性。右季肋部痛を主訴に来院した。昨夜、夕食後に右季…

52歳の男性。右季肋部痛を主訴に来院した。昨夜、夕食後に右季肋部痛が出現し今朝まで持続している。体温36.5℃。脈拍84/分、整。血圧124/68mmHg。眼球結膜に黄染を認めない。腹部は平坦で右季肋部に圧痛を認める。反跳痛を認めない。肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球456万、Hb14.5g/dl、Ht44%、白血球11,000(桿状核好中球8%、分葉核好中球60%、好酸球2%、リンパ球30%)、血小板21万。血液生化学所見:総ピリルピン2.0mg/dl、AST 158IU/l、ALT 145IU/l、ALP 580 IU/l (基準115~359)、γ-GTP 182 IU/l (基準8~50)、アミラーゼ125IU/l (基準37~160)。CRP 3.4mg/dl。腹部超音波検査で異常を認めたため行ったERCPを示す。
 治療として最も適切なのはどれか。

1. 蛋白分解酵素阻害薬投与
2. 経口胆石溶解薬投与
3. 体外衝撃波結石破砕術
4. 内視鏡的結石除去術
5. 膵頭十二指腸切除術





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60