108D27 63歳の女性。腹痛のため搬入された。2日前から徐々に増悪する…

63歳の女性。腹痛のため搬入された。2日前から徐々に増悪する下腹部の持続痛を自覚していたが、本日突然に激痛となり、動けなくなったため救急搬送された。約5年前から時々下腹部痛を自覚し、自宅近くの診療所で内服薬を投与されて軽快していた。身体所見では腹部にBlumberg徴候と筋性防御を認めた。胸腹部エックス線写真でfee airを、腹部CTでfree air、腹水貯留およびS状結腸の壁肥厚を認めたため、大腸穿孔による腹膜炎と診断して緊急手術を行った。術式はS状結腸切除術と人工肛門造設術であった。摘出されたS状結腸の標本の写真を示す。
 穿孔の原因となったのはどれか。

1. 大腸癌
2. 腸結核
3. 大腸憩室炎
4. 潰瘍性大腸炎
5. 大腸ボリポーシス





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60