108D36 78歳の女性。白内障手術目的で入院中である。1年前から記銘力…

78歳の女性。白内障手術目的で入院中である。1年前から記銘力低下がみられるようになり、Alzheimer型認知症と診断されて薬物療法が開始され、介護サービスを受けながら独居生活を続けていた。数年来の視力低下のために日常生活での支障が大きくなり、白内障手術目的で入院となった。入院翌日、ベッドから起き上がらず、朝食も摂らず、まとまりのないことを小声でつぶやくのみで質問に対してほとんど反応がなかった。身体所見に異常はなく、血液生化学所見でも術前検査と比較して有意な変化はなかった。また、頭部CTでも半年前と比較して新たな病変はみられなかった。
 最も考えられるのはどれか。

1. せん妄
2. 適応障害
3. 解離性障害
4. うつ病性昏迷
5. 急性ストレス障害





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60