108D40 42歳の男性。高血圧治療の定期受診のため来院した。2年前から…

42歳の男性。高血圧治療の定期受診のため来院した。2年前から本態性高血圧と診断され、朝1回、降圧薬を服用している。これまでの外来における診察室血圧は130/80mmHg前後であった。家庭血圧の自己測定を始めたところ、早朝起床時に162/96mmHg前後であるという。喫煙歴はない。身長165cm,体重82kg。受診時、脈拍88/分、整。診察室血圧128/78mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。
今後の対応として適切でないのはどれか。

1. 降圧薬の内服状況を再確認する。
2. 降圧薬の追加や投与時間の変更を検討する。
3. 定期的に高血圧に伴う臓器障害を評価する。
4. 24時間自由行動下血圧<ABPM>を測定する。
5. 血圧測定を降圧薬の内服後に変更するよう指導する。





Leave a Comment

Name*

Email* (never published)

Website

CAPTCHA


アプリのダウンロードはこちら

アプリは無料です


apple
en_app_rgb_wo_60